収穫時期の違いでお蕎麦の味に違いが出るのは本当か?

こんにちは!

大宮手打ちそば 吉敷末広 誠です^^

 

 

 

今日はマニアしか興味の無いマニアックなお話

 

先日Facebookを見ているとこんな投稿が

 

埼玉県三芳町でお蕎麦を栽培している方が

『「収穫時期の違いでお蕎麦の味に違いが出るのは本当か?」

という実験をする!』

という投稿でした!

 

 

僕も実験大好きなのですぐに連絡させて頂き

この原料を手に入れてきました!

 

そして先日実際に打って試食したのでその感想です^^

 

 

 

 

十割蕎麦で打ちました。

幅広の十割蕎麦。

 

正直なところ、見た目にはそれほど大きな違いはありません

若干早く刈り取った方が緑が濃いかな?

と言う程度。

 

 

でもやっぱり違いはありましたよ

 

 

味と香りに違いを感じました

特に香りは全然違います

 

 

もし機会があれば試してもらいたいお蕎麦の紹介でした

 

 

より詳しい情報は僕が運営するそば打ち講座で解説しております

 

そば打ち講座メールマガジンは登録も会費も無料ですので
この機会にご登録をお願い致します

投稿者:

kisikisuehiro

祖父・父がこの地で蕎麦屋を始め46年 蕎麦以外に、カレーやラーメン等も扱う 出前がメインの町の蕎麦屋でしたが 2010年新装開店し屋号を「吉敷末広」に変えました。 蕎麦を出前したら伸びちゃうでしょ?と言う思いから 出前を止め、手打ち蕎麦・うどんの店に。 現在は父・叔母・僕の三人で商い中^^ ※2013年4月 のぶ子さんが仲間に加わりました! 自分の蕎麦を打つ為に日々奮闘中です! ホームページ、facebook、LINE@、メルマガも よろしくお願いします。 HP http://kisikisuehiro.com/ Facebook http://www.facebook.com/kisikisuehiro Twitter http://twitter.com/kisikisuehiro8 LINE@ 吉敷末広 メルマガ 吉敷末広メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です