蕎麦食べ放題の感想 パート4

蕎麦食べ放題の感想は読んでもらえてますか?

まだなら是非読んでみてくださいね!けっこう面白いこと話しているつもりです(笑)

 

これまでの食べ放題の感想はこちらから。
読んだら戻ってきてね♪


 

で今回の感想はこちら。

個人でされているお蕎麦屋さんは、私や両親にとっても、とてもとても大切で、無いと困ってしまいます。
ましてや吉敷末広さんのように、きちんと体に良いものをと、お心を感じられるお店は本当にありがたいです。

そんな大切な場所が、ずっとずっと有り続けてくれるよう、ほんの少しでも協力できたら嬉しいです!
といっても食べに行くことしか出来ませんが(^^;

 

ありがたいですね〜!
こう言って頂けると、やっている方としてはお本当にありがたいです^^

もちろん食べにきて頂けるだけでありがたいですよ^^
これからもよろしくお願いいたします!

 

ブログを書きながら、こんなことを思い出しました。Facebookでフォローしている人が、飲食店にまつわる話を書いていたんです。

 

簡単に説明すると、そのお寿司屋さんで

「ドリンクの注文を強要するような対応をされたのが嫌だった。」

と言うことなのです。

この方は「飲食店ではドリンクを頼むことがマナーである。」と書いてくれています。嬉しいですね♪

 

確かに飲食店にとってドリンクは大切な収入源ですし、頼んで欲しいし、僕もオススメはします。でも「頼むことがマナー」とまでは思っていないので、そう思ってくれているだけでもありがたいことです。

むしろ、頼んでもらえないのは僕らの努力が足りないんだと思います。頼みたいドリンクを用意するべきだと思うんです。

 

でも、お寿司屋さんの言い分も分かります。水とお茶はタダだと思っている人が中にはいらっしゃるんです。

美味しいお茶を出そうと思ったら、それなりのコストがかかります。水にしたって水道水でもタダではないし、濾過した水なら濾過器のコストもかかるし。ミネラルウォーターなら尚更です。

下手したらドリンクバーのドリンクの方が、一杯のコストは少ないかもしれないですからね。

 

 

 

もちろんコストだのなんだのは店側の問題なので、それをお客様に分かれとは言いません。

どうにかするのが営業努力なのだと思いますし、その辺が差別化の入り口になってくると思うからです。

でも、中には「水とお茶はタダ」という雰囲気で、出てきて当然と言うように注文してくる方もいるんです。

美味しい水とお茶は店側の気持ち。

と、感じてもらえると嬉しいです。

 

で結局何が言いたいのかというと、

お客様の気持ちが無ければお店は無くなってしまう。

ということをお伝えしたかったんです。

大手でも同じですが、特に個人店はお客様の気持ちが無ければ無くなります。どんなに儲かっていても、気持ちが続かなければお店は残せないからです。

 

あなたにお気に入りのお店があるなら、ぜひ通ってあげて下さい。そして自分のお気に入りのお店なんだと伝えてあげて下さい。

「この店は私が気に入っているからきっと人気で、だから私が積極的に応援しなくても大丈夫。」

この考えだと、

「また行こうと思っているうちに無くなった。」

ということが普通に起きますので、ぜひお気に入りだから頑張って!と伝えてあげて下さい♪

投稿者:

kisikisuehiro

祖父・父がこの地で蕎麦屋を始め46年
蕎麦以外に、カレーやラーメン等も扱う
出前がメインの町の蕎麦屋でしたが
2010年新装開店し屋号を「吉敷末広」に変えました。

蕎麦を出前したら伸びちゃうでしょ?と言う思いから
出前を止め、手打ち蕎麦・うどんの店に。

現在は父・叔母・僕の三人で商い中^^
※2013年4月 のぶ子さんが仲間に加わりました!

自分の蕎麦を打つ為に日々奮闘中です!
ホームページ、facebook、LINE@、メルマガも
よろしくお願いします。

HP http://kisikisuehiro.com/
Facebook http://www.facebook.com/kisikisuehiro
Twitter http://twitter.com/kisikisuehiro8
LINE@ 吉敷末広
メルマガ 吉敷末広メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です