カレー南蛮の南蛮てネギのことでいいの?

何度かご紹介しています吉敷末広のカレー南蛮。

先日も「いろいろ食べ比べたけど、ここのは美味しいよ」という嬉しいお言葉を頂いて、自信が出てきたところです!

そんなカレー南蛮ですが、カレーはわかるけど南蛮てどういう意味?というお声もちらほら。

なので今回はこの南蛮についてのお話です。

 

 

カレー南蛮の南蛮とは?

と検索するといろいろと説が出てくるのですが、最も多いのが

タマネギが南蛮、つまり外国から入ってきた野菜なので、玉ねぎが入ったカレーうどんでカレー南蛮と呼んだ。

という感じのものが多いです。

 

カレー南蛮はネギ、カレーうどんは玉ねぎ。

という説もあるのですが、吉敷末広では玉ねぎもネギも両方入っています(笑)

 

 

いつ誕生したのか?

ではいつ頃からカレー南蛮が食べられているのか?というと、これは明治42年の大阪が始まりの様です。

ただ、なぜか東京ではなかなか人気が出ず、大正3、4年頃になってやっと食べ始められた様です。

 

明治42年といえば今から108年前。

そんな大昔の品物が今も食べられているのはすごいですよね♪

ぜひそんな歴史背景も感じながら召し上がってみてくださいね^^

 

こちらの記事もどうぞ!

カレー南蛮が美味しい!

寒い朝ですね♪

投稿者:

kisikisuehiro

祖父・父がこの地で蕎麦屋を始め46年 蕎麦以外に、カレーやラーメン等も扱う 出前がメインの町の蕎麦屋でしたが 2010年新装開店し屋号を「吉敷末広」に変えました。 蕎麦を出前したら伸びちゃうでしょ?と言う思いから 出前を止め、手打ち蕎麦・うどんの店に。 現在は父・叔母・僕の三人で商い中^^ ※2013年4月 のぶ子さんが仲間に加わりました! 自分の蕎麦を打つ為に日々奮闘中です! ホームページ、facebook、LINE@、メルマガも よろしくお願いします。 HP http://kisikisuehiro.com/ Facebook http://www.facebook.com/kisikisuehiro Twitter http://twitter.com/kisikisuehiro8 LINE@ 吉敷末広 メルマガ 吉敷末広メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です